長期的な計画による取組

日常の維持管理が重要

模型

分譲マンションでも賃貸マンションでもマンション管理は専門業者に委託するのが一般的になっています。マンション大規模修繕は日常の維持管理次第で必要な事項や頻度が異なりますので、専門業者の選択がマンション大規模修繕に果たす役割は重要です。マンション大規模修繕を実施する際は分譲マンションでは管理組合の総会で業者を選定することになりますが、専門的な知識を保有している人が少ない場合には管理専門会社のアドバイスを受けて実施することになります。マンション大規模修繕のために積立金を積み立ててはいますが、大規模修繕には多額の費用が見込まれますので、コスト競争を導入するため施工業者から相見積もりを徴収して、比較検討の上業者を選定する必要があります。マンション大規模修繕は長期修繕計画に沿って行うのが一般的ですが、この計画は日常管理の如何によって必要となる時期が異なりますので、できるだけ日常管理に力を入れることがトータルコストでのメリットになります。マンション大規模修繕では外壁や設備に重点が置かれますが、特に外壁は本工事とは別に仮設の足場に費用が掛かりますので、工法についての工夫が重要です。施工業者にできるだけ無足場を含めて架設工事の少ない工法を提案して競争させることは、工事中の日常生活の不便さを少なくするうえでも重要な要素となっています。いずれにしても管理専門業者に任せっきりにせずに、理事会を中心に対応することが必要です。

経費を抑える大規模な修繕

住宅

たとえ新築で購入したマンションであっても、やがては劣化を避けて通ることはできません。各戸のレベルならそれぞれがリフォームをすれば済みます。しかし、共用部分やマンション全体的に修繕の必要が及んでくることがあります。おろそかにすると、ただ居住性が低下するだけでなく、資産価値にも影響を及ぼします。そこでマンションの管理組合で大規模修繕について十分に話し合いましょう。大規模修繕が必要な時期には、すでに仕事をリタイアしたり高齢になるなど、あまり出費を望まないケースも多くなっています。これまでのマンションの管理費の積立てとともに、あまり負担のない範囲でできる大規模修繕を目指さなければなりません。どうしてもマンションの管理組合というのは、それほど建築に明るくないので、業者の専門的な提案に任せてしまう傾向があります。しかし大規模修繕にひそむ無駄な工事を省き、出来る限りのシンプルにすることで、経費を抑える努力が本来は必要です。そこでマンション管理組合は、複数の見積もりをとり、じっくりと比較検討をする必要があります。もしそのような作業を省きたいようなら、大規模修繕のコンサルタントを仲介して、たとえ手数料が発生しても必要以上の工事をされないように調整することで入居者の同意を取り付けやすくなります。マンションは自然に劣化するものなので、生活のためにも資産としても大規模修繕は必要になると理解をしておきましょう。

長く住むために

工具

マンション、戸建住宅どちらに住もうか悩むことが多々あります。どちらも良い点が色々とあるからです。そんな中でマンションを購入しようと決めたとき、マンションに住む上で大切なことは、マンション大規模修繕工事があることです。マンション大規模修繕工事が必要な理由は、経年劣化は、鉄筋でできたマンションだからといって大丈夫ではなく、起こります。そのために、新築から12年から13年程度できた修繕を行うこととなります。長い間住むには必要です。修繕に関しては、修繕費が毎月、支払い積み立てられます。そんなマンション大規模修繕工事に関してマンション大規模修繕工事業者に依頼する理由は何でしょうか。それは、修繕に関するノウハウがあるからです。マンションは、小規模のものから大規模なものまで色々とあります。そのマンションの規模に合わせて実績あるマンション大規模修繕工事業者に依頼することが大切です。そんな中で数多くあるマンション大規模修繕工事業者の中から業者を選ぶ場合、どのような点に注意して選んだら良いでしょうか。まず、経営状態を確認することです。マンション大規模修繕工事業者の中には、自転車操業のところも中にはあります。工事の途中で業者が破綻してしまったということがないようにしっかりと確認することです。また、サービスをしっかりと行なってくれるか、また、担当者は親身になって対応してくれるか確認することも大切です。見積価格だけで判断しないことです。

一定年数ごとに行う

建物

マンションの大規模修繕を行うタイミングは決められているわけではありませんが、間隔を空け過ぎないことでマンションの躯体を維持できます。修繕を頼む業者についてはいくつかの業者から選ぶことになりますから費用面などからチョイスしましょう。

もっと詳しく

的確に設備を維持する

積み木

マンション大規模修繕工事業者へ依頼する際には、1戸あたり100万円前後の金額を見積もっておく必要があります。工事内容によっても費用は変わってくるため、共有スペースや屋上、外壁の修繕も念頭に置きながら検討しましょう。

もっと詳しく

長期的な計画による取組

模型

マンション大規模修繕は日常管理の状況によって頻度やコストが大きく異なります。計画的な修繕と日常管理が重要です。マンション大規模修繕の業者選択では管理専門会社に任せっきりにせず、日常生活が不便にならない工法の選択や競争原理によるコスト削減が必要です。

もっと詳しく