一定年数ごとに行う

寿命を伸ばすために

建物

マンションは一定年数ごとに大規模修繕を行わなければ、塗装の劣化による雨漏りなどで躯体が劣化してしまうことがあります。通常大規模修繕を行うべきタイミングとして10年あるいは12年ごとの修繕工事を行うことが望ましいとされています。もちろん間隔が短ければ短いほど良いのですが、マンションの場合には入居者との折り合いや修繕積立金の問題によってそのタイミングをどうするべきなのか決定するのが難しい事もあります。その際には住民に対して説明会を開いたり、住民の代表者と管理組合が合同になって修繕委員会を設立することで、住民に納得してもらってから大規模修繕に入ることができます。大規模修繕のタイミングとして一番望ましいのは前の大規模修繕工事から15年経過しないタイミングで行うことです。前の工事から間隔が長くなってしまうと工事で直さなければいけないところも多くなるので、マンションの組合の方や管理者の方はなるべく15年以内に修繕工事に着手するようにしましょう。その際のマンション修繕業者の選定については、いくつかの業者から見積もりをしてもらい、一番工事費用を安く提示してくれた業者に対して任せることで、修繕費用をかなり節約できます。修繕の際には外壁塗装から足場組み立てに、施工管理まですべてを責任持って引き受けてけくれる業者を選ぶようにして、工事の際には必ず住民説明会を開くようにしましょう。大規模修繕で必要なのは費用と住民の同意です。

業者選びのポイント

工事現場

分譲マンションの資産価値を維持するために欠かせないのが大規模修繕ですが、どこの業者に依頼するかでコストや仕上がりが異なってきます。よく見られるのは、管理会社とマンション大規模修繕工事業者が一体になっているパターンです。住民側から見れば管理会社に丸投げという形になり、最も面倒が少ない方法です。また管理会社は当該マンションの現状に詳しいこともメリットです。ただし契約の見直しをまったく行わないと、コスト管理や品質管理が甘くなる恐れがあるので注意が必要です。マンションを建設したゼネコンが、マンション大規模修繕工事業者を兼ねている場合もあります。ゼネコンはもともとの設計をよく知っているため、適切な修繕ができると考えられます。ただしゼロから建設するのと、住民が居住したままで修繕するのとは、似ているようで異なる作業です。大規模修繕の経験が少ないゼネコンだと、無用のコストがかかるかもしれません。独立系のマンション大規模修繕工事業者も、大手から中小規模の企業まで数多くあります。大手のほうが企業としての信頼性は優れていますが、しっかりした保険に加入しておけば、中小でもリスクを抑えることができます。専門業者は大規模修繕に特化しており、豊富なノウハウを持っていることが強みです。マンション大規模修繕工事業者を選ぶときは、ひとつの業者にこだわらず、相見積や競争入札を通して、さまざまな可能性を検討することをお勧めします。

建物調査の重要性

住宅

マンションのメンテナンスの中でも大変なのが12年周期と言われているマンション大規模修繕です。マンション大規模修繕は必ず実施しなければ、マンションの耐久性が落ちてしまいます。適切な建物診断を行ったうえで、必要とされるマンション大規模修繕を実施することで、マンションにずっと住み続けることができるのです。マンション大規模修繕を実施する際に重要なことは、建物診断をしっかりとすることです。必要とされる修繕工事が実施できなければ、すぐにまた新たな大規模修繕工事を実施しなければならなくなります。マンションの修繕箇所をくまなくチェックして、適切な修繕計画をたてることで、マンション大規模修繕工事を成功させることができるのです。調査の内容は多岐にわたりますので、マンション住民の協力も欠かせません。共有部分だけでなく、専有部分についても調査を行うことで、共有部分と専有部分の接点まで修繕箇所を探し出すことができます。設備は耐用年数が短いので、調査の時には必ずチェックすることになりますが、マンション大規模修繕を行う場合には躯体についても調査が重要です。外壁やシーリングなどもチェックしなければなりません。年数がたてばたつほど、外壁なども劣化が激しくなってきますので、改修工事も十分に行う必要があります。調査の際には、マンション住民からのアンケートなども踏まえて、マンションの全体隅々まで調査することが大切になります。

一定年数ごとに行う

建物

マンションの大規模修繕を行うタイミングは決められているわけではありませんが、間隔を空け過ぎないことでマンションの躯体を維持できます。修繕を頼む業者についてはいくつかの業者から選ぶことになりますから費用面などからチョイスしましょう。

もっと詳しく

的確に設備を維持する

積み木

マンション大規模修繕工事業者へ依頼する際には、1戸あたり100万円前後の金額を見積もっておく必要があります。工事内容によっても費用は変わってくるため、共有スペースや屋上、外壁の修繕も念頭に置きながら検討しましょう。

もっと詳しく

長期的な計画による取組

模型

マンション大規模修繕は日常管理の状況によって頻度やコストが大きく異なります。計画的な修繕と日常管理が重要です。マンション大規模修繕の業者選択では管理専門会社に任せっきりにせず、日常生活が不便にならない工法の選択や競争原理によるコスト削減が必要です。

もっと詳しく