的確に設備を維持する

費用と工事内容を検討

積み木

マンション経営を行う上では定期的な修繕依頼が必須となるため、安全と物件価値のためにも適切に行うようにしましょう。マンション大規模修繕工事業者は様々存在しており、各業者状況に合った工事内容を提案し行ってくれます。修繕費用はマンションの規模や修繕箇所の選択により変わってきますが、優良なマンション大規模修繕工事業者なら適正金額で行ってくれます。修繕額としては一部屋あたり100万円前後が平均となるため、30戸を有するマンションであれば3000万円程を見積もっておくと良いでしょう。もちろん施工内容や面積によって金額も変わってくるので、マンション大規模修繕工事業者としっかり話し合い、納得の見積もりで進めてもらうことが大切です。また、通路や階段などの共有スペースや屋上、外壁の修繕も重要になるため、必要な修繕箇所をしっかり精査して依頼する必要があります。特に屋上、外壁から躯体へ水の侵入がみられる場合は、防水工事を必ず施さなくてはなりません。屋上、外壁の防水工事は同時期に行った方が良いので、それぞれの工事内容を考えながら進めていきましょう。修繕を行う場合は、マンション大規模修繕工事業者が実施している修繕後の保障やアフターサービスが受けられます。5年から10年の保証、定期点検が受けられるので長く安心して管理していけます。信頼できるマンション大規模修繕工事業者は様々展開しており、依頼者として確実な施工、サービスを望むことが可能です。

効果的な選定方法とは

作業員

共同住居を購入すると避けて通れないのが約10年ごとに実施されるマンション大規模修繕です。マンション大規模修繕をどの業者に依頼するかは、その後の建物の耐久性に大きな影響を及ぼすことから管理組合が中心となって慎重に検討するべきですが、その選定方法についてはいくつかの効果的な手法が存在します。まず一つ目は、入札方式と呼ばれるもので、公共工事などでも用いられる方法です。公正性が担保されますが、プロセス全体の管理が必要となるためそれなりに専門性のある人物が理事となっているような場合に用いるとよいでしょう。二つ目は見積り合わせ方式で、いわゆる「相みつ」と言われる方法です。一般的にこれがよく用いられるやり方で、複数の業者からマンション大規模修繕の見積もりをとって比較することになります。ここで注意すべきは金額だけに目を奪われるのではなく、施工計画の実現可能性や担当者に十分な知識・経験が備わっているかも比較要素に加えるということです。安かろう悪かろうでは意味がありませんので、確かな施工技術を有しているかどうかを確認することが大切です。三つ目は特命随意契約方式という方法で「随契」と略されることもあります。特定の業者といきなり契約するもので、手早く選定を行いたい場合には有効ですが、選定理由などが不透明になりがちなのでよほど付き合いが深く信頼できる業者にマンション大規模修繕を任せるといったような事情がなければ避けた方がよいでしょう。

定期点検や工事が必要

ミニチュア

マンションの大規模修繕の良さや魅力について紹介します。マンションの大規模修繕は、個数が多ければ多いほど、修繕工程が大変になります。築年数が長期化すると修繕ポイントも多くなり、複数回の大規模修繕工事を要することもあります。例えば、築年数が30年以上経つマンションの場合、経年劣化による自然磨耗、ひび割れ、亀裂など、修繕ポイントは多々あります。マンションの状態を把握し、より良い暮らしを実現するための一歩が大規模修繕の意義ともいえます。マンションの耐用年数は30年から50年といわれますが、大規模修繕を行うことで、さらに、30年後、50年後まですむことができることも、大規模修繕の良さや魅力といえます。築年数が長いマンションについては、耐震補強が現法律に満たない基準であることから、耐震補強は必須の工事です。地震による亀裂やズレなどの被害を受ける可能性もありますので、地震に備えた修繕工事計画を立てるところも多いです。大規模修繕工事で多く行われていることが、仮設工事、シーリング工事、耐震補強工事、仕上工事、防水工事です。特に、耐震補強工事は、点検やチェックによっては、即工事施工することもあります。近年、地震によるマンションのひび割れや亀裂による被害で住むこともできなくなることもあるため、現法律の基準を満たした工事が必要となります。定期的なチェックと工事でマンションの価値を維持し、住んでいる人がストレスなく生活できることが、大規模修繕の一番の良さと魅力です。

一定年数ごとに行う

建物

マンションの大規模修繕を行うタイミングは決められているわけではありませんが、間隔を空け過ぎないことでマンションの躯体を維持できます。修繕を頼む業者についてはいくつかの業者から選ぶことになりますから費用面などからチョイスしましょう。

もっと詳しく

的確に設備を維持する

積み木

マンション大規模修繕工事業者へ依頼する際には、1戸あたり100万円前後の金額を見積もっておく必要があります。工事内容によっても費用は変わってくるため、共有スペースや屋上、外壁の修繕も念頭に置きながら検討しましょう。

もっと詳しく

長期的な計画による取組

模型

マンション大規模修繕は日常管理の状況によって頻度やコストが大きく異なります。計画的な修繕と日常管理が重要です。マンション大規模修繕の業者選択では管理専門会社に任せっきりにせず、日常生活が不便にならない工法の選択や競争原理によるコスト削減が必要です。

もっと詳しく