定期的なメンテナンス

マンション住民への影響

マンション

マンションで生活する場合、定期的にメンテナンスが必要になることを理解しておく必要があります。一戸建ての場合でも定期的なリフォームが必要になりますが、マンションの場合には集合住宅ですので、自分の意思とは関係なくマンション大規模修繕工事が行われる場合があります。マンション購入時の長期計画の中に、どの程度の頻度でマンション大規模修繕を実施していくかは通常記載されています。しかし、計画上のタイミングと実際のタイミングはずれてくるのが普通です。新築の間は概ね計画通りに老朽化していくものですが、築年数が長くなればなるほど、計画上の老朽度合いと実態はかい離していきますので、計画の見直しが必要になります。マンション大規模修繕には多額の費用がかかりますし、それらの費用はすべて居住者であるマンション住民が負担することになります。どのようなタイミングで、どのような工事が実施されるのか、マンション住民は知っておく必要があります。管理会社や管理組合に任せっきりにして、必要以上の工事が実施されたり、手抜き工事が実施されたりしても、後で文句は言えません。特に、修繕積立金が不足して、一時負担金を徴収するケースも増えていますので、マンションが古くなればなるほど、適切な工事が実施されているかチェックが必要になります。マンション大規模修繕工事の期間中はマンション住民にも影響がありますので、その点についても適切な対応がなされているか監視が必要です。

コンサルタントに依頼する

工事現場

マンションの大規模修繕は15年から20年の間に一度行なう場合が多く、マンションの住民がみんなでお金を出し合って作業を実施します。マンションの大規模修繕を定期的に行わないと、マンション自体の状態が悪化して、資産価値が大きく下落してしまうので、費用を支払っても損になることはないです。マンションの大規模修繕を実施する際には、きちんと住民同士で会合を開催して、詳細な議論を経て手続きを行います。大規模修繕を実施する際には、作業を依頼する業者の選定がとても大切になるので、会合においてもそこが一番議論になる部分です。ですが大手の業者に依頼すれば、費用に関しても品質に関してもそれほど大差はないので、スムーズに選定が終わるケースもあります。近年ではマンションの大規模修繕に関するコンサルタントに対応した会社に、すべての手続きを依頼するシステムも導入されていて、より手続きが簡略化してきています。マンションの大規模修繕に関するコンサルタントを実施している会社では、住民の意向を適切に判断して、費用の面や品質の面を細かく比較してくれます。そして現状の建物の状態に合った業者を選定してくれます。それ以外にも住民同士の橋渡し役にもなってくれるので、マンションの大規模修繕を担当してくれるコンサルタント会社は頼りになる存在となっています。コンサルタントに仲介を頼めば、すべての作業が効率化されるので、住民の苦労はほとんどありません。

第三者による施工管理

作業員

マンションに長期間住み続けるためには、定期的な維持補修を行って、マンションの寿命を長くしなければなりません。一般的には、12年周期で大規模修繕を行うこととなっていますが、マンション大規模修繕工事業者を選ぶ作業が大変なため、ずるずると工事をしないままのマンションも少なくありません。大規模修繕工事に向けて修繕積立金を集めていても、必ずしもそのお金だけで賄えるとは限りません。マンション大規模修繕工事業者によっては、工事費が大きく異なってきますし、適正な工事を行ってもらうには、マンションの管理組合ではノウハウが足りないからです。マンションの管理会社や建築会社を通して、マンション大規模修繕工事業者を選定するところが多いですが、すべてを管理会社や建築会社に任せてしまうと、適切な大規模修繕工事が実施されたかどうか、そのための費用が適切だったかどうかを判断することができません。最近では、このような問題に対応するために、マンション大規模修繕工事業者とは別に、工事全体の施工管理を行ってくれるコンサルタント会社を依頼するケースが増えています。建築士事務所などにマンションの建物診断から大規模修繕工事の設計、大規模修繕工事の施工管理を依頼する方法で、マンション大規模修繕工事業者だけにすべてを任せる方式ではないため、適切な工事の実施が担保されます。費用的にはコンサル料が発生する分だけ高くなってしまいますが、工事費の適正化が図れますので、トータルでは費用を抑えられる可能性もあります。

一定年数ごとに行う

建物

マンションの大規模修繕を行うタイミングは決められているわけではありませんが、間隔を空け過ぎないことでマンションの躯体を維持できます。修繕を頼む業者についてはいくつかの業者から選ぶことになりますから費用面などからチョイスしましょう。

もっと詳しく

的確に設備を維持する

積み木

マンション大規模修繕工事業者へ依頼する際には、1戸あたり100万円前後の金額を見積もっておく必要があります。工事内容によっても費用は変わってくるため、共有スペースや屋上、外壁の修繕も念頭に置きながら検討しましょう。

もっと詳しく

長期的な計画による取組

模型

マンション大規模修繕は日常管理の状況によって頻度やコストが大きく異なります。計画的な修繕と日常管理が重要です。マンション大規模修繕の業者選択では管理専門会社に任せっきりにせず、日常生活が不便にならない工法の選択や競争原理によるコスト削減が必要です。

もっと詳しく